【「HiGH&LOW THE LIVE」】EXILE TRIBE“全員主役”のツアーファイナル!メンバー叫ぶ「愛してんで!」

10月3日、大阪・京セラドームにて行われた「HiGH&LOW THE LIVE」ファイナル公演が開催。

EXILE AKIRAさん、TAKAHIROさんをはじめ、EXILE THE SECOND、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、劇団EXILE、E-girlsなど豪華アーティストが集結し、約4時間にわたるライブが繰り広げられました。

スポンサーリンク




圧巻のセットで「HiGH&LOW」の世界観を満喫

総合エンタテインメント「HiGH&LOW」の世界観を音楽で表現した「HiGH&LOW THE LIVE」。

オープニングはEXILE TRIBE総動員の「HIGHER GROUND」で幕を明けました。

近年、LDH所属アーティストのライブは会場の中央にステージを配置する“センターステージ”で行われることが多かったのですが、今回のライブは6本の柱が立てられたアリーナ全体をステージとし、さらに移動式ステージを採用しています。

high%ef%bc%86low-the-live%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%ab2

アリーナに広い空間を持たせることで、「雨宮兄弟」ことTAKAHIROさんと登坂広臣さんがバイクで登場するなど、劇中さながらの演出が可能に。

変化自在のステージングで、臨場感を生み出しました。

ライブはコンセプト・アルバム「HiGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM」に収録されている楽曲を中心に、各グループの楽曲を加えた形で構成されました。

山王商店二代目喧嘩屋「山王連合会」、
誘惑の白き悪魔「White Rascals」、
漆黒の凶悪高校「鬼邪高校」、
無慈悲なる街の亡霊「RUDE BOYS」、
復讐の壊し屋一家「達磨一家」、
かつてこの地区一帯を支配していた伝説のチーム「ムゲン」、
その「ムゲン」が唯一潰せなかった「雨宮兄弟」、
そして謎の組織「MIGHTYWARRIORS」

など、劇中に登場するチームや人物のテーマソングを三代目JSB、EXILE THE SECOND、GENERATIONS、E-girls、DOBERMAN INFINITYなど各アーティストが次々と歌い上げていきました。

スポンサーリンク




ここでしか絶対見れない!レアコラボ

今回のライブの見どころは、やはりこのライブでしか見ることができないレアなコラボレーション。

「山王連合会」のテーマ「Do or Die/DOBERMAN INFINITY」では、歌声とともにコブラ(岩田剛典)やヤマト(鈴木伸之)らが登場し、乱闘シーンを再現。

「MUGEN」の琥珀(AKIRA)のテーマ「Hell On Earth/KUBO-C,P-CHO&JAYED」では、AKIRAがエネルギッシュなダンスで琥珀の抱えていた苦悩を表現しました。

また、10月8日公開の劇場版第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」の主題歌となるACE OF SPADES ×PKCZ(R)feat.登坂広臣「TIME FLIES」(10月12日リリース)もパフォーマンス。

ace-of-spades-xpkcz%ef%bc%88r%ef%bc%89feat-%e7%99%bb%e5%9d%82%e5%ba%83%e8%87%a3

「雨宮兄弟」として、劇中同様、圧倒的な存在感を放っていました。

またコラボレーションは音楽だけではありません。

「山王連合会」の盛り上げ役3人組・ダン(山下健二郎)、テッツ(佐藤寛太)、チハル(佐藤大樹)が登場し、始まったのはテンポの良い掛け合いのミニコント。

「雨宮兄弟」やコブラの台詞を真似してみせたほか、泣く泣くカットになった劇場版の未公開シーンも公開。

年下の2人にいじられながら、関西出身の山下が持ち前のトークで会場を沸かせるという企画ものも。

EXILE TRIBEとフィナーレで会場一体に

そして、終盤にはEXILE TRIBEメンバーが再び集結。

EXILE THE SECOND「YEAH!!YEAH!!YEAH!!」や「Going Crazy」など、アップテンポな楽曲をたたみかけ、会場の一体感はMAXに。

フラッグやタオルを振り回し、観客のテンションも最高潮に達したところで、オープニングからより一層熱を帯びた「HIGHER GROUND」でフィナーレを迎えました。

最後の退場間際には、TAKAHIROさんが「最高のファイナルでした!愛してんでー!」と感謝を伝え、ELLYさんに乗せられ山下さんや白濱亜嵐さんも「愛してんでー!」と叫ぶ場面も。

グループの垣根を超えて仲が良いことが伝わる交流はライブ中何度も見られました。

出演者の多くは劇場版に出演しているキャストであり、アーティストであり、俳優。

個々人が持つ高いパフォーマンス能力を結集し、同作のコンセプトである“全員主役”を表現したライブとなりました。

high%ef%bc%86low-the-live%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%ab

スポンサーリンク