【三代目JSB・岩田剛典&登坂広臣】サプライズで駆けつけ熱い抱擁<第41回報知映画賞>

EXILE兼三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典さんが20日、都内で行われた報知新聞社が主催する映画賞「第41回報知映画賞」表彰式に出席しました。

岩田さんの受賞を受け、この日は同じく三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの登坂広臣さんもサプライズ登場し、受賞を祝いました。

スポンサーリンク




岩田剛典が新人賞受賞

今年公開された映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で初主演し、新人賞を受賞した岩田さん。

「自分にとって初めての主演を務めさせていただいた作品で、一生に一度しか取れない新人賞の受賞に心から光栄に思います」と受賞を喜び、同作で共に主演を務めた高畑充希さんらに対し、「自分だけの力ではなく高畑充希さんや原作者の有川浩先生など、この映画の全てのスタッフや、アーティスト活動をささえてくれるLDH、EXILEや三代目J Soul Brothersのメンバー、ファンのみなさまに本当に心から感謝しています。この賞をいただけたことをこれからの活動の励みにしたいです。これからも宜しくお願いします」と感謝のコメントをしました。

登坂広臣がサプライズ登場

また、この日は“植物図鑑を一番近くから応援していた”という、三代目J Soul Brothersのメンバー登坂広臣さんが完全サプライズで登場した。

岩田さんに花束を渡し、熱い抱擁を交わすと、岩田さんは「あまりのびっくりに動揺が隠せない…。先程まで同じ撮影をしていて『授賞式がんばって』言われたのにやられた…」と照れつつもメンバーの登場を喜びました。

2年前に岩田と同じ新人賞を受賞した登坂さんは「新人賞をいただいて表現者として大きな分岐点だったと思います。同じグループのメンバーの岩田が賞をいただけたことはメンバー一同よ喜んでいます。みんなで切磋琢磨して上を目指していきたい。岩ちゃん、おめでとう」と自身の受賞を重ね合わせながらメンバーの受賞を心から祝っていました。

スポンサーリンク




第40回報知映画賞

報知新聞社が主催する映画賞でファン投票上位の中から映画賞事務局がノミネート作品・人物を選出。

そこから映画評論家ら選考委員が受賞者を決定する。

第41回目の邦画作品賞には、宮沢りえ主演「湯を沸かすほどの熱い愛」が受賞し、宮沢が主演女優賞、共演の杉咲花が助演女優賞、監督の中野量太が新人賞と4冠を達成した。

そのほか監督賞に「怒り」の李相日監督、主演男優賞に「葛城事件」の三浦友和、助演男優賞に「リップヴァンウィンクルの花嫁」「64-ロクヨン-」「怒り」の綾野剛が選出。また新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」が、特別賞に選ばれた。

スポンサーリンク