【岩田剛典&鈴木伸之の理想のタイプとは?】「騒がしい女性が苦手」「家庭的な年上女性がいい」

ドラマ、コミック、SNS、オリジナルアルバム、ライブツアーとさまざまなメディアが連動する世界初の総合エンタテインメント「HiGH&LOW」。
「全員が主役」というコンセプトのもとに作られたドラマ、映画で幼なじみを演じる岩田剛典さんと鈴木伸之さん。
2人のロングインタビューをどうぞ( *´艸`)

スポンサーリンク




(以下、yahooニュースより)

彼女連れてくるとしたら?

★同じ年に芸能界デビューし、“付き合いも長いから仲がいい”と語るふたり。
もし、それぞれが彼女を連れてくるとしたら、どんな女性だと思う?

鈴木「どんな人ですかね……。 すごくキレイで、おしとやかな感じの方じゃないかな。
岩田さん、 騒がしい女性がちょっと苦手みたいなので」

岩田「ハハハ」

鈴木「3歩下がって、岩田さんの後ろを歩くイメージです。
岩田さんって、亭主関白というより、 細かいところにも気づくけど、行動が大胆で男らしい方なので」

岩田「“3歩下がって”って、そうとう限られますよね。
いつの時代だろうって感じですけど、そういう女性キライではないです(笑)」

鈴木「意識してじゃなくて、自然とそういうことができる女性がいい」

岩田「確かに。ノブは家庭的な女性が好きな感じがするから、いろいろと世話をしてくれる人。
年上の女性が好きなイメージもあるな。ノブを支えてくれる献身的な女性をつかまえてくる気がします」

共通の趣味は?

鈴木「バイクじゃないですか」

岩田「『HiGH&LOW』のために、大型二輪の免許を取ったんです。
プライベートでは、なかなか乗る機会がないので、“バイクでツーリング”って憧れますね。
ちょっと走らせて、 温泉に行ったり」

鈴木「太陽の下、直線コースを走るとか」

岩田「昼間の高速とかね。気持ちいいだろうなぁ」

スポンサーリンク




岩田&鈴木のHiGH&LOWは?

★ふたりが最近、HIGHになったことは?

岩田「映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』が(週末の観客動員数)初週1位をとらせていただけたこと(公開直後の取材)」

鈴木「AKIRAさんに美味しいお寿司屋さんに連れて行ってもらったことです(笑)」

★では逆に最近、LOWになったことは?

鈴木「家にクモが出たこと。キライなんです。
トイレットペーパーを8メートルくらいのばしたもので釣って、トイレに流しました」

岩田「しいてあげるなら、いま、ドームツアー『HiGH&LOW THE LIVE』のリハーサルが始まっていて、なかなか自由な時間を持てないこと。
そんな中だからこそ息抜きが大切で、お酒を飲みながら友達と話す時間を睡眠を削って作っています。
それと、コブラを演じるうえで金髪にしているんですけど、ブリーチのしすぎで髪の切れ毛がひどくて。
実は、いまもブラウンのスプレーで色をつけています」

鈴木さんがクモ嫌いとは。。。
なかなかギャップを感じますね(笑)

2人のプロフィール

●岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothersfrom EXILE TRIBE)

岩田剛典

‘89年3月6日生まれ、愛知県出身。’10年に三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとしてデビュー。その後、パフォーマーバトルオーディションを見事に勝ち抜きEXILEのメンバーも兼任することに。初の連続ドラマ出演となった『ディア・シスター』で、トレードマークでもある“笑顔”の似合う、愛され弟キャラを演じて話題に。公開中の『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』では、映画初 主演を務めている。

●鈴木伸之(劇団EXILE)

鈴木伸之4

‘92年10月14日生まれ、神奈川県出身。’10年の劇団EXILEオーディションに合格し、俳優活動をスタート。大ヒットドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』の如月一磨役で一躍注目を集め、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』や映画『ストレイヤーズ・クロニクル』などの数々の話題作に出演。初挑戦という青春ラブストーリー作品で、イケメンのプレーボーイを演じる映画『オオカミ少女と黒王子』が公開中。

スポンサーリンク