【AKIRA&岩田剛典】「HiGH&LOW」で俳優初共演!お互いの印象について語る!!

7月16日(土)の映画「HiGH&LOW THE MOVIE」を公開がだんだんと迫ってきていますね。

それに合わせて、CS放送・衛星劇場他でドラマ「HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」をオンエアが決定しました。

スポンサーリンク




今年一年は「HiGH&LOW」にささげる覚悟

AKIRA&岩田剛典2

(以下、yahoo!ニュースより引用)

――プロジェクト「HiGH&LOW」の中で、ドラマ、映画と展開していきますね。

AKIRA「プロジェクトの企画段階から参加していたということもあって、言葉にしたことが形になっていく感覚がありましたね。

『作品作りというものはこうでなきゃいけない』という手応えと共に、そのまま形になる分、ストイックな気持ちになりました」

岩田「1年同じ役をやるということもなかなかないので愛着もわいています。

そしてとことん“コブラ”という役と向き合いました。

今年1年は『HiGH&LOW』にささげる覚悟です(笑)。

ドラマのシーズン1から始まってプロジェクトのトップバッターを任された感覚がありますし、僕自身も表現者として成長できたと思います。

自分のコブラという役は、ドラマで固まったので、さらに映画へと広がりを持たせられたらと思います」

――お互いの印象は?

岩田「映画のクライマックスのセリフがない場面で、AKIRAさん演じる琥珀の狂気を見せるシーンで、その時の表情がなんともいえなくてすごかったです」

AKIRA「僕はそのとき、コブラやヤマト(鈴木伸之)の見たことのない新たな表情を引き出す事が1つの役割だと思っていました」

スポンサーリンク




顔がEXILEになってるよ

――アーティストとして、俳優として…多彩な活躍は相互に影響していますか?

AKIRA「 俳優のときは“EXILEのAKIRA”ではあるけれども、 “いちAKIRA”として、役者の皆さまと現場に向き合うことがEXILE魂だと思います。

ダンスとアクションは体のキレ味は活かせますが、ダンスのようにアクションをリズム感良くするとつまらなくなるんです。

ただ、感性をのせると、もっと味が出て、良くなるのは一緒です」

岩田「僕の得意なところはやっぱりダンス。

芯はぶれずにいきたいですね。

今は俳優業も楽しんではいますが、作品が完成するごとに『もっとやれた』と思うことばかりです。

『それぞれ全く違う仕事』という感覚で、AKIRAさんのようにまだ結びつかないですね。

EXILEで生放送出演後に芝居の現場に行くと、『顔がEXILEになってるよ』って言われることもあります(笑)」

AKIRA&岩田剛典1

映画でこの2人の関係はどうなっていくのでしょうか?

公開が楽しみですね!(^^)!

スポンサーリンク