【EXILEがまさかの紅白落選! 】レコ大買収でLDHがバーニングを怒らせちゃった?

いやー、ショックです!紅白落選なんて。。。

まさかここまでレコ大の影響が及ぶとは思いませんでした( ;∀;)

スポンサーリンク




常連組が次々と…

本日24日、『第67回NHK紅白歌合戦』の出演者が発表されました。

アルバム『Fantôme』で本格的に復帰した宇多田ヒカルさんや、映画『君の名は。』の主題歌と劇中音楽を担当しロック系音楽好き以外の層にも知名度を広げたRADWIMPSの初出場、年内いっぱいでの解散が発表されているSMAPが出場者ラインナップに含まれていないなど、話題となるトピックには事欠かないが、そのなかでも目立ったのが、EXILEが今年の紅白には出場しないという点です。

EXILEが所属する芸能事務所のLDHといえば、先ごろレコード大賞買収騒動で問題を起こしたばかり。

やっぱりこの件が影響しているでしょうか?

EXILEは2003年に紅白初出場。

翌年も出場し、05年と06年は出場していないものの、07年以降は9年連続で出場しています。

合計11回も出場しており、人気もいまだ衰えていないのにも関わらず、どうにも腑に落ちない落選です。

EXILEといえば、今年の8月31日にボーカルのATSUSHIさんが海外留学することを発表。

★【EXILE・ATSUSHI】年内にも米国に拠点移す!2018年までの期間限定で!の記事はコチラから

18年までは彼が拠点を海外に移すことから、その期間はEXILEとしての活動は制限されると報じられています。

現在のEXILEは各々のメンバーがソロプロジェクトなどを動かす期間に入っており、今回EXILEが紅白に出場しないのはそのためなのではないかと言われているが、本当の理由はどうやら違うみたいです。

芸能記者はは以下のことをコメントしています。

「EXILEはATSUSHIの留学は理由にはならないでしょう。

実際、2年前は、ATSUSHIがソロ活動を優先するため、その年のEXILEはグループ単体としてのツアーは行わないなどの状況にありましたが、それでも紅白には出場しています。

それに、今年は辞退するということなら、9年連続が途切れるわけであらかじめ告知がされるはず。

ところが、事前告知どころか、出場歌手発表後も落選の理由は一切明かされていない。これは異常ですよ」

そんなところから、EXILEは例のレコード大賞買収疑惑が原因で、急遽外されたのではないか、といわれているとのことです。

前述の通り、「週刊文春」(文藝春秋)11月3日号に、昨年のレコード大賞の大賞を三代目J Soul Brothersに獲らせる見返りとして、バーニングプロダクションが三代目の所属事務所であるLDHに1億円を請求していた件が、実際の請求書付きで掲載されました。

★【EXILEグループの闇】三代目JSBが1億円でレコード大賞買収!「決定的証拠」とは?の記事はコチラから

バーニングの周防郁雄社長は、この情報がLDHサイドから漏れたものとして激怒。

「週刊文春」の報道が出る直前にHIROさんが今年末をもってLDHの社長を退任することが報じられているが、その組織改編もこのことが関係していると見られています。

スポンサーリンク




「バーニングはレコ大と同様、NHKの紅白にも大きな影響力をもっていますからね。NHKがバーニングと相談した上、EXILEの出場を急遽とりやめたのではないかといわれています。

しかも、LDHは枠をそのままひとつ減らされた」
(前出・芸能記者)

紅白出演者が正式に発表される数日前、ピコ太郎と一緒に音ネタ芸人枠としての出場が内定していたオリエンタルラジオ率いるRADIO FISHが、正式な出場者に格上げされたが、これもどうやらEXILEが原因だったらしいです。

RADIO FISHが急遽格上げになったことについては、今年いっぱいで解散することが報じられているSMAPのために白組の枠をひとつ残していたが、出場が絶望的なったから、という見方もあるが、前出記者はこれをこう否定しています。

「NHK側は何とか『紅白歌合戦』で有終の美を飾ってほしいと考えているようですが、SMAPとの交渉ははじめから絶望的。来月26日に最終回を迎える『SMAP×SMAP』(フジテレビ)の内容ですらどんなかたちになるか不透明な状態です。

こういった状況もあり、NHKはSMAPについては始めから『サプライズ枠』で交渉を進めてきたんです。

そうすれば、12月の終わりまで交渉の期間が延ばせますから」

SMAPとの交渉に関しては、籾井勝人会長自ら直接交渉に出向くことも辞さない構えを事あるごとに公言しています。

籾井会長は「12月30日まで時間はある」とも語っているが、それはジャニーズ事務所側も同じ考えのようです。

「週刊文春」11月17日号ではジャニーズ事務所幹部が「いまだメンバーたちから『イエス』が出てこない。紅白の判断のリミットは十二月中旬だと思っています。ギリギリですが、サプライズで出ればいいのですから」とも語っています。

こういったこともあり、RADIO FISHが急遽入ることとなった「白枠における謎の一枠」はSMAPではないのが分かります。

こうしたことを考えあわせても、やはりEXILEの紅白不出場は、レコ大買収で急遽、落選処分になった可能性が非常に高いですね。

「LDHが請求書を漏らしてしまったことに対して、バーニング側は相当怒っています。

このところ、HIRO・上戸彩夫婦の不仲報道が次々出てきてますが、これもバーニングがバックにいたら、考えられないこと。

紅白もEXILEが出ないだけでなく、LDHは枠をひとつ減らされてしまっているわけですからね。

NHKが忖度したのか、バーニングの圧力かはわかりませんが、明らかにLDHとHIROへのペナルティでしょう。」
(前出・芸能記者)

何が怖いって、そのことに一切触れずに落選するということ。

ウソでもいいから何か理由を付けてほしかったです。

マスコミはそれを見て見ぬふりをし、公共放送であるNHKまでがその裏取引に協力する仕組みが、やっぱり芸能界って怖い!と言わざるを得ません。

スポンサーリンク