【EXILEら所属LDHが日米欧亜の世界4拠点で!】目指すはディズニーとユニバーサル

人気グループ・EXILEらが所属する芸能プロダクション「LDH」が23日、アメリカ、ヨーロッパ、アジアに拠点を置き、世界展開することを公式サイトで発表しました。

スポンサーリンク




LDH改め「LDH JAPAN」へ

世界基準でエンタテインメントを創造する組織改革に着手し、同社社長でEXILEのリーダーHIROさんは「LDH WORLD」のクリエイティブ・リーダーに就任。

日本国内を拠点とする現LDHを「LDH JAPAN」と改めるとのこと。

HIROさんは公式サイトで

「今までは国内での活動を中心にしてきましたが、いまやエンタテインメントは世界中からリアルタイムに様々なものが日本に届き楽しむことができる環境になりました。

こうした環境の中で、LDHは世界基準でのエンタテインメントを創造できる会社をめざしていきたいと考えています。

まだまだ未熟な僕らですが、“ディズニー”や“ユニバーサル”のような世界中の人が楽しめるエンタテインメントを生みだせる会社をめざしたいという夢があります」と構想を説明しています。

「エンタテインメントの創造を世界基準で追求」するため、従来のアーティストやタレントをマネージメントする芸能事務所という業態から、「世界中の方々にエンタテインメントを届け、楽しんでいただけるようなグローバル・エンタテインメント企業になることをめざして挑戦する」というHIROさんは、会社組織の全面的改革に着手することを発表しました。

(1)世界基準でエンタテインメントを創造する体制づくり

日本国内を拠点とする現LDHを「LDH JAPAN」と改め、日本、アメリカ、アジア、ヨーロッパに拠点を設置。

アメリカの拠点となる「LDH USA」は、ニューヨークで2年前より開校しているEXILE PROFFESIONAL GYM(以下EXPG)、トップアーティストを目指す日本の子どもたちを育成するavexとの共同プロジェクト「PROJECT TARO」を展開。

新たにロサンゼルスにEXPGの開校を予定。

アジア拠点となる「LDH ASIA」は、台湾で7年前にEXPGを開校し、LDH FLAG SHIP SHOPを展開しているが、今後は中国、韓国などに活動の場を広げます。

ヨーロッパ拠点となる「LDH EUROPE」は、7月から新たにLDHに仲間入りしたオランダ出身の音楽プロデューサー兼DJのAfrojackとともに、イギリス、ドイツ、フランス、オランダを中心としたヨーロッパで活動。

この4つの拠点のエンターテインメントのプロデュースとクリエイティブのみを統括するグローバル組織として、「LDH WORLD」を新たに設立。

HIROさんは「LDH WORLD」のクリエイティブ・リーダーに就任し、「今まで以上に世界のエンタテインメントに視野を広げ、LDHのクリエイティブを統括し、世界基準のエンタテインメントを創造することに集中していきたい」としています。

スポンサーリンク




(2)LDH本来のスタイルへの原点回帰

LDHは、EXILEの初期メンバー6人が自分たちの夢をかなえるために50万円ずつ出資して設立した「エグザイルエンタテインメント」が前身。

原点回帰するため、所属メンバーであっても、将来の夢としてメンバー本人が望めば、アーティスト活動と並行して会社組織にスタッフとして迎え、運営にもどんどん携われる環境を作っています。

もともとインストラクターだったAKIRAさんは、子どもたちの夢を応援するため「EXPG」に参加。

映画『たたら侍』に出演し、役者としてハリウッドを目指す小林直己さんは「LDH USA」に、

以前からアジアでの活動を目指して北京語などの語学を勉強し、準備していた橘ケンチさんが「LDH ASIA」に、

食事や健康を研究し、自ら「AMAZING COFFEE」をプロデュースするTETSUYAが「LDH kitchen」に、

アパレルブランド「STUDIO SEVEN」をプロデュースするNAOTOさんが「LDH apparel」にそれぞれ加わります。

HIROさんは「今回参加してくれるメンバーはEXILE、EXILE THE SECOND、三代目 J Soul Brothersの活動が今までどおりメインとなりますが、純粋にアーティストとしての個性や才能を会社運営に生かすことができれば、LDHという会社自体がさらに活性化し、メンバー一人ひとりの夢がさらに飛躍することができる」と期待を寄せています。

組織の規模が拡大していくなかで「LDHの本来持つ想いや理念が伝わりにくくなっている現状があるのも事実であり、昔のように僕自身もすべてのことに目が行き届く環境ではなくなってしまったのも事実」と認めたHIROさんは「LDH内での役割分担をはっきりと決め、その分野の責任者を適材適所に人材配置し、どんな危機にも対応できる強固な布陣で、組織として力が発揮出来るように改革していきます」と決意を示し、「2017年より新たなLDHは世界へ動き出します」と締めくくりました。

スポンサーリンク