【EXILE THE SECONDが「TOKYO HEADLINE」をジャック!】全部集めたーい!

2016年、本格始動を宣言したEXILEメンバー6名からなるグループ、EXILE THE SECONDが、11月14日より東京で順次配布されている、東京発信のエンターテインメントフリーペーパー「TOKYO HEADLINE」vol.678の表紙をジャックしました。

スポンサーリンク




表紙はメンバー6人のソロバージョンの全6種類で、紙面では彼らのWILDな魅力を大特集しています。

EXILE THE SECONDは、リーダーの橘ケンチさんを筆頭に、黒木啓司さん、TETSUYAさんのパフォーマーに加え、ボーカル&パフォーマーに NESMITHさん、SHOKICHIさん、そして、今年9月にAKIRAさんがパフォーマーとして加入することを発表。

EXILE THE SECONDは6人体制となって本格始動しました。

現在、初の単独アリーナツアー『EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2016-2017 “WILD WILD WARRIORS”』を全国10都市20公演開催中の彼らだが、本格始動に全精力をかけている彼らは、紙面で「点数をつけると僕の中でまだ0点です。僕らはドームツアーであったり、スタジアムツアーであったり、そういうレベルの高いところにEXILE THE SECOND 持っていきたいと考えているので、夢へのネクストステージにいきたい」(黒木啓司)と語っています。

確かにまだスタートしたばかりのEXILE THE SECONDだが、EXILEのメンバーとしてはすでに数々の大きなステージで活躍している彼ら。

しかしその夢はまだ達成されていません。

その可能性として「ファンの評価」を大切にしておるSECOND。

「評価は、僕たちではなく、ファンの皆様にしていただけるものだと思っています。
今後のツアーやその先にある活動で満点にできるように頑張りたいです」
(EXILE TETSUYA)。

こうして、EXILEとして培ってきたパフォーマンス能力を活かしながら、あらたなスタートを切ったEXILE THE SECOND。

彼らの夢、そして追い求める本物の輝きに終わりはありませんね。

「EXILE TRIBEのなかでいちばん変幻自在。パフォーマンスも、ひとりひとりの個性がものすごく光るグループ」。

そう語るのは、ボーカル&パフォーマーであるSHOKICHIさん。

ボーカルであるNESMITHさんとSHOKICHIさんは、EXILEで本格的なパフォーマーとしてもステージに立っているため、ほかのグループにはない、唯一歌って踊れるグループでもあるEXILE THE SECOND。

そこから繰り出されるパフォーマンスは、確かに変幻自在といえます。

EXILE THE SECONDメンバーの熱い想いが語られた「TOKYO HEADLINE」vol.678は、11月14~27日まで都内各所にて配布される予定です。

スポンサーリンク