【Flower・中島美央】「今ちゃんと答えを出さないと、絶対に前に進めない」

2016年10月、デビューから丸5年を迎える6人組ガールズグループ・Flower。

5年間の道のりを振り返ってもらい、過去の葛藤、メンバーの卒業、そしてこれからの未来、夢…その全てを包み隠さず語ってもらったインタビューは、リレー形式で配信されます。

第2回目は、パフォーマー・中島美央さんです。

スポンサーリンク




デビューから5年「驚きの方が大きい」

(以下、モデルプレスより引用)

小学生だと、1年生から5年生ですもんね。

長いですね(笑)。

振り返ると、「もうそんなに経ったのか!」って驚きの方が大きいです。

毎日のほとんどが自分と向き合いながら過ごしてきた感覚なので、1日1日がとても濃くて、色々詰まった5年になりました。

5年前デビューして、これまでにアルバムも2枚リリースして、去年は単独ツアーも実現して、どんどんFlowerの形ができてきて。

そんなタイミングで、リリースするこのベストアルバムは、自分たちにとっても改めて「Flowerってどういうグループなんだろう」って考えるきっかけになった気がします。

「今ちゃんと答えを出さないと、絶対に前に進めない」

メンバーの卒業については、きっとみんな同じ気持ちで、衝撃が1番だったと思います。

「私たちには何が足りないんだろう」
「この先どうしたらいいんだろう」って、その都度メンバーと話しました。

Flowerとして活動を続けていきたいけど、もしかしたらここで終わるかもしれない…って状況に立たされ、毎回必死だった気がします。

当時10代のメンバーが多い中で、人生が決まる決断をしていかなくちゃいけないってなったときは、分からないながらに真正面から向き合ってきました。

応援してくださる方を裏切ったらダメだってことがもちろん1番ですが、だからってすぐに答えが出るわけじゃない。

もがきながらも、自分たちの力で突破しないといけないものだって、どこかで分かっていたんですよね。

今ちゃんと答えを出さないと、絶対に前に進めないって。

「こうやって活動できていることは奇跡」

ベストアルバムに収録されているドキュメンタリーでは、これまで触れてこなかった部分も、初めて赤裸々に語っています。

Flowerがデビューして5年というタイミングだからということで、HIROさんが「今までのことも含めて、今のリアルな自分たちを出すのはどうかな?」って提案してくださったんです。

もう5年だけど、まだ5年っていう狭間で迷いもあったんですけど、その言葉で「やろう!」って決意が固まりました。

5年間の間で起きたことは起きたことですし、3人メンバーが減って今の6人体制になって、こうやって活動できていることは奇跡だと思っています。

この状況になっても応援してくださるファンの方がいて、今新しい形で進もうとしているときだから、これまでの歴史を振り返りたいなと。

これまで、そういう一面を見せてこなかったから、どんな反応があるんだろう?ファンの方は受け止めてくださるかな?って、今はソワソワしてます。

%e4%b8%ad%e5%b3%b6%e7%be%8e%e5%a4%ae

スポンサーリンク




Q.5年間を振り返って実感する“夢を叶える秘訣”は?

私にとってこの仕事は、本当に夢でしかなかったし、Flowerに入ったばかりの頃は夢の中にいるような感覚だったんです。

初めての経験だらけで、フワフワした状態で、とにかく目の前にあることを一生懸命やるってことしかできなくて。

でも、去年はFlowerで初の単独ライブをさせていただけたり、E-girlsとしてもアリーナツアーが出来たりと、1つ1つ夢が現実になりました。

だからこそ私が思う“夢を叶える秘訣”は、無謀だと思っても、それに向かって行動し続けることかな。

「絶対無理だ」って思う瞬間はたくさんあると思うんですけど、そこで諦めずに貫き通すことが、結局は夢への近道だと思います。

Flowerも最初はパフォーマー4人だけで、ボーカルがいなかったんです。今考えると、その状況で「よくやってたな」って(笑)。そんな中でも、何か希望を感じて、がむしゃらに目の前にあることをやってきました。それが今の自分に繋がっています。「自分はいいや」って諦めてしまうのはもったいないから、みなさんも夢があるなら、とにかく行動し続けてほしいです。

ステージでは、女性らしい華やかなパフォーマンスで魅せる中島さん。

柔らかなオーラに包まれた外見からは想像できないほどに、内側には太く大きな幹があるようです。

今後の活躍に期待ですね( *´艸`)

スポンサーリンク