【LDHの代表取締役社長】HIROってどんな人?

株式会社LDHの絶対的存在のHIROさん。

HIRO2.jpg

2013年に惜しまれつつパフォーマーを引退されましたが、EXILEをここまで引っ張ってきたHIROさんはどんな人なんでしょうか?

スポンサーリンク




プロフィールは?

名前:EXILE HIRO
本名:五十嵐 広行 (いがらし ひろゆき
誕生日:1969年6月1日
職業:実業家(株式会社LDH代表取締役社長)、プロデューサー、ダンサー
血液型:AB型
出身地:広島県生まれ 神奈川県横浜市育ち
身長:174cm
配偶者:女優 上戸彩
好きな食べ物:肉、ラーメン、納豆

HIROさんは15歳の時、初めて行ったディスコで黒人ダンサーに魅せられダンスを始めました。15歳の時って、かなりませている気がしますね。高校時代はディスコ、クリーニング屋、蕎麦屋の出前持ち、土木作業員などのアルバイトをしていたそうです。全然ジャンルが違うアルバイトの経験があるからこそ成功したのかもしれませんね。

全盛期「ZOO」でスポットライトを浴びる

1989年にHIROさんはテレビ番組「DADA」のダンスコンテストで“LMD”に参加し準優勝しています。そのコンテストを観ていたスカウトマンに声を掛けられ、1990年に“LMD”改め“ZOO”としてシングル「Careless Dance」でデビューしました。1991年11月に4枚目のシングルとして、代表曲『Choo Choo TRAIN』が発売され、オリコン最高位3位、105万枚の売り上げを記録しました。同年にはベル・ビヴ・デヴォーとボビー・ブラウンの日本ツアーに参加し、その後、Japanese Soul Brothersを結成していますこれが後のEXILEの土台となるのですが、そのお話はまた別の記事でく詳しく書く予定です。

J Soul Brothersから受け継がれているグループ(スピリッツ)のお話

栄光を掴むも、どん底時代を経験

“ZOO”が全盛期だったころ、給料の全てをクラブなどでの遊びに使い、足りなくなれば借金をしてまでギャンブルなどに注ぎ込む生活を送っていたHIROさん。

しかし、1995年に“ZOO”は解散し、HIROさんは膨大な借金がを抱えてしまいました。今では信じられないお話ですが、このころの経験があったから現在の「音楽で食べていく」という現実的な考え方を持つようになったのだと思います。

どん底の貧乏時代を過ごしてきたHIROさん。スポットライトを一度浴びた人間だからこそ、そこに返り咲きたい気持ちは大きかったはずです。

1995年と1996年にはDREAMS COME TRUEのツアーにバックダンサーとして参加しています。吉田美和さんの「お客さんは自分のお金でライブに来てくれるのだから心を込めて一生懸命やろう」という言葉は、HIROさん自身の心を変えていく契機となりました。
1996年に“LUV DELUXE”として再デビューはしましたが、翌年には解散しています。
そして1998年にMATSUさん、USAさん、MAKIDAIさんと運命の出会いをします。
デビューを夢見て、時には1杯の牛丼をみんなで分け合いながら、ついに1999年に“J Soul Brothers”としてデビューを果たします。2001年に前任のボーカルSASAが脱退し、新ボーカルにATSUSHIとSHUNが加入しました。

2001年8月24日“J Soul Brothers”から“EXILE”に改名し、現在までメンバーの卒業、加入などを経ながら活動をしています。

そして2013年にパフォーマーとしてHIROさんは卒業し、現在はLDHの代表取締役社長業務に専念されています。

芸能界の光と影を知っているHIROさんだからこそ、その経験を活かして今日まで“LDH”を支えてこれたのではないかと思います。