【TAKAHIROが岩田剛典に!?】「なんか岩ちゃんの顔を見ていたら近づきたくなっちゃって…」

ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers(三代目JSB)」の岩田剛典さんがが8日、東京都内で行われた映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」(山口雄大監督)の初日舞台あいさつに「EXILE」のTAKAHIROさんらと出席しました。

スポンサーリンク




岩田「マジか!ってなりました」

TAKAHIROさんが、岩田さんと一緒のシーンで「なんか岩ちゃんの顔を見ていたら近づきたくなっちゃって、リハで1回(肩を)ポンってやって、(ほっぺに)チュッというのがありましたね」と明かし、ファンを喜ばせると、岩田さんは「マジか!ってなりました」と思い出し笑いしていました。

「山王連合会」のコブラ役で出演している岩田さんは、「クランクインからアップまで2日で、2シーン出演していたんですけど、そのうち、一つがまさかのカットになってしました」と告白。

「実はなぜ雨宮兄弟がここまで強いのかを熱弁するシーンだったんですけど、丸ごと行かれ(カットになり)ました」と複雑な表情を浮かべていました。

%e5%b2%a9%e7%94%b0%e5%89%9b%e5%85%b8

長男と次男は息ぴったり!?

この日の舞台挨拶では映画のタイトルにちなみ「現場での赤裸々な出来事」を登壇者たちが明かしました。

TAKAHIROさんは本作より新キャストとして加わった、三兄弟の長男・尊龍を演じる斎藤さんについて「お兄ちゃんが加わるのを心待ちにしていたんですけど、現場に入るなりこのオーラと下ネタで包んでいただいて(笑)」と語り、斎藤さんから「それはお互い様で(笑)」と突っ込まれていました。

斎藤さんは感動的なラストシーンの撮影について振り返ったあと、「ちなみに今日はタイトルにちなんで、赤いパンツを履いてきました!(笑)」と明かし、TAKAHIROさんから「僕もです」と返されて「じゃあ、あとで見せ合いっこしましょう」と意気投合(笑)

そんなやり取りを傍らで見ていた登坂さんは「今日、僕らが出る舞台挨拶が9回あるんですよね? 最後のほうはどうなっちゃうんでしょう……(笑)」と、兄2人の暴走っぷりを心配し、ファンを笑わせていました。

%e7%99%bb%e5%9d%82%ef%bc%86%e6%96%8e%e8%97%a4%ef%bc%86takahiro

スポンサーリンク